住宅ローン利用時の、保証人、連帯保証人、連帯債務者の違いを教えて下さい。 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

Q.15住宅ローン利用時の、保証人、連帯保証人、連帯債務者の違いを教えて下さい。

A.15保証人と連帯保証人は、借主(「主債務者」といいます)の借金の返済を保証し、
借主が支払えない場合に借主に代わって支払う義務を負います。

連帯債務者は、自分自身も借主であり「主債務者」です。
 
したがって、例えば夫婦で連帯債務者となって住宅ローンを借りた場合、 夫が住宅ローンを延滞しても、妻に返済資力があれば、住宅資金特別条項付き個人再生申立てを利用するなどしてローンを正常化させることが可能です。
 
 保証人の場合は、主債務者本人に支払能力がない場合に限って支払義務がありますが、連帯保証人の場合は、債権者から支払を求められれば、主債務者の支払能力に関係なく支払う義務があるという違いがあります。したがって連帯保証人となった場合に、債権者から返済を求められても、主債務者(借主)から返済を受けてくれという反論ができません。なお住宅ローンの保証人は連帯保証人であるのが通常です。
 
 また例えば夫が借主、妻が保証人(連帯保証人を含む)となって住宅ローンを借りたが、夫が住宅ローンを滞納した場合、妻に返済資力があっても、住宅資金特別条項付き個人再生申立てを利用するなどしてローンを正常化させることが難しいことが多いです。この場合、妻に資産収入があれば、夫婦間売買という解決方法もあります。
一日も早く、経験豊富で多様な解決実績がある弁護士法人リーガル東京の弁護士に相談して下さい。ご相談は、何回でも無料です。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

マスコミ取材実績

side_button_03.jpg

住宅ローンの返済・滞納Q&A

Contents menu

相談から解決までの流れ

Access Map

アクセスページはこちら

住宅ローン滞納・任意売却のご相談

ImgLS40001.jpg

弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談

相続問題 遺産分割に関するご相談

弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談

相続税申告相続税対策に関するご相談

リーガル東京オーナーズクラブのご案内

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.