多額の住宅ローンが残っている住宅の売却は、できますか? | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

Q.7多額の住宅ローンが残っている住宅の売却は、できますか?

A.7住宅ローンが残っていても、不動産の売却は、できます。

但し、オーバーローン物件(物件の売却代金額より抵当債務額の方が大きい物件)を売却する場合、抵当権を持つ債権者との抵当権抹消の交渉が必要になります。売買代金から、いくら支払えば不動産に設定された抵当権などを抹消してもらえるか、債権者と交渉(損切り交渉)をするのです。

不動産業者が、そのような損切り交渉をすることがありますが、金融機関によっては、不動産業者を相手にしないことがあります。経験豊富な弁護士に任せた方がうまくいくことが多いのです。また住宅ローン以外に滞納税金があり、住宅を滞納処分で差し押えされている場合があります。

税務署等は、不動産業者を相手にしません。弁護士で税理士の資格も持つ弁護士法人リーガル東京なら対応できます。
 
また、任意売却後に債務が相当額残った場合、債務整理する必要がありますので、経験豊富な弁護士に相談されることをお勧めします。
 
ご相談は、何回でも無料ですので、是非お問い合わせください。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

マスコミ取材実績

side_button_03.jpg

住宅ローンの返済・滞納Q&A

Contents menu

相談から解決までの流れ

Access Map

アクセスページはこちら

住宅ローン滞納・任意売却のご相談

ImgLS40001.jpg

弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談

相続問題 遺産分割に関するご相談

弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談

相続税申告相続税対策に関するご相談

リーガル東京オーナーズクラブのご案内

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.