後順位抵当権の抹消交渉し住宅資金特別条項を 利用し住宅を売却しないで解決 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

解決事例⑭ 後順位抵当権の抹消交渉し住宅資金特別条項を​利用し住宅を売却しないで解決

・神奈川県在住 ・会社員 ・奥田様(仮名・50代男性)

ご相談内容

奥田様は、自宅マンションの住宅ローンの後に、数社の消費者金融の借入を一つにする、いわゆる「おまとめローン」を利用したため、自宅マンションに大手消費者金融の2番抵当権がついていました。
奥田様は、これ以外にもカードローン等800万円近い債務がありましたが、自己破産したくありませんでした。そこで毎月のローン返済に困る状況だが、自己破産を回避したくて小林弁護士に相談しました。

 

 

解決の内容

小林弁護士は、「おまとめローン」を借りて完済した消費者金融から過払い金を回収し、弁護士費用と債務返済金に充てる計画を立てました。
 
2番抵当権が住宅ローンでなかったため、住宅資金特別条項付個人再生を利用できません。そこで住宅ローン債権者(銀行)に別除権協定をお願いしましたが、「住宅資金特別条項の利用以外認めない。それがダメなら任意売却すればいい。」として別除権協定を拒絶されてしましました。そこで小林弁護士は、2番抵当権者(大手消費者金融)に対し「回収した過払い金で、貴社の債務額(利息制限法で引直し計算後の債務額)の3割を内入れ返済をする。残りの7割は収入ある家族を保証人にして全額返済するから、住宅資金特別条項が使えるように抵当権を抹消してほしい。」と交渉しました。
 
その結果、2番抵当権を抹消でき、奥田様は、住宅資金特別条項付個人再生手続の利用ができるようになり、自宅マンションを処分せずにすみました。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

マスコミ取材実績

side_button_03.jpg

住宅ローンの返済・滞納Q&A

Contents menu

相談から解決までの流れ

Access Map

アクセスページはこちら

住宅ローン滞納・任意売却のご相談

ImgLS40001.jpg

弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談

相続問題 遺産分割に関するご相談

弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談

相続税申告相続税対策に関するご相談

リーガル東京オーナーズクラブのご案内

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.