飲食店経営に失敗したが、自宅は手放したくない・・・ | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

解決事例⑤ 飲食店経営に失敗したが、​自宅は手放したくない・・・

・埼玉県在住 ・会社経営者 ・土田様(仮名・50代男性)

ご相談内容

私は、飲食店を経営していましたが、貸主側の事情で閉店を余儀なくされ、2000万円以上の負債が残ってしまいました。
 
 その後、食品関係の会社に転職しましたが、住宅ローンの返済もあり、債務整理を考えました。いろいろな相談所に行きましたが、自己破産を勧められるだけでした。
 
自宅を手放すことは妻子が反対しましたので、自宅を手放さないですむ方法はないか、弁護士法人リーガル東京に相談しました。

 

 

解決の内容

土田様については、まず住宅資金特別条項対個人再生ができるか、検討しました。
 
 負債総額が住宅ローンを入れて5000万円以上ありましたので、土田様の現状の収入では、個人再生手続の選択は難しいと考えました。
 
 土田様の住宅は、いわゆるオーバーローン物件であり、住宅ローンが3000万円も残っているのに、住宅の時価査定は1500万円以下でした。そこで土田様には、買戻条件付セールス&リースバックを提案しました。
 
土田様は、家族と話し合い、その方法をとることにしましたので、土田様の希望に沿う買い手を見つけました。土田様は、その後自己破産しましたが、借金苦から逃れられ、その後の転職で収入も安定し、家族で平穏に暮らしています。
 

土田様(仮名)の感想

自宅を手放したくなくて、相談できるところをいろいろ廻りました。リースバックの提案をしてくれた弁護士さんは、小林先生だけでした。
 
 私ども夫婦の相談に何回も無料で応じてくれました。小林先生に巡り合えて本当に良かったです。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

マスコミ取材実績

side_button_03.jpg

住宅ローンの返済・滞納Q&A

Contents menu

相談から解決までの流れ

Access Map

アクセスページはこちら

住宅ローン滞納・任意売却のご相談

ImgLS40001.jpg

弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談

相続問題 遺産分割に関するご相談

弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談

相続税申告相続税対策に関するご相談

リーガル東京オーナーズクラブのご案内

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.