Q.4セールス&リースバックを依頼する場合、手続きの流れを説明してください。 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

Q.4セールス&リースバックを依頼する場合手続の流れを説明してください

手続きの流れは以下になります。
 
① セールス&リースバックを希望される方、すなわち住宅ローン等の不動産ローン返済に困り、不動産(住宅・店舗・事業所等)を売却しなければならないけれど、できれば引っ越さずに賃料を払っても住み続けたい(あるいは商売を続けたい)という方は、電話(0120-202-111)またはメールにてお問い合わせください。
 
面談相談日時を決めさせていただきます。競売手続になってしまった方でも、ご相談に応じていますが、競売手続が進行して手遅れになる恐れがあり、直ぐのご相談をお勧めします。 ご相談は何回でも無料ですから、気軽にお問い合わせください。 
 
② セールス&リースバックの面談相談の際、できれば、以下の資料をご持参くださると、より適切なアドバイスができます。
 
売却予定不動産の登記事項証明書・売買契約書・重要事項説明書
ローン返済表・督促状・借用証書・カードなど
相談者の収入のわかるもの(給与明細・確定申告書・源泉徴収票等)
 
相談者から解決方法のご希望(セールス&リースバックを希望するのかどうか等)をお聞きしますが、併せて、相談者の収入状況・家族状況・生活状況・負債状況等をお聞きし、相談者の所有不動産を簡易査定した上、ご希望に沿える解決が可能かどうかを検討いたします。
 
セールス&リースバックによる解決の可能性ありと判断した場合、リーガル東京が提携する不動産会社(㈱リーガル・プロパティ)が、相談者の所有不動産の現地確認をいたします。
㈱リーガル・プロパティが買主となる場合、売主側と協議して、セールス&リースバックの条件(売買代金額や賃貸借の内容等)を記載した購入申込書と売渡承諾書を互いに差し入れます。㈱リーガル・プロパティが買主の場合、仲介手数料は、かかりません。
㈱リーガル・プロパティが買主にならない場合、セールス&リースバックの条件で購入してくれる不動産投資家を買主として紹介することもあります。この場合、成約時に所定の仲介手数料(売買代金の3%位)を売買代金から支払っていただきます。
 
その後、売主買主間で、セールス&リースバックに関する約定内容を記載した売買契約書や賃貸借契約書を取り交わし、売買代金決済と所有権移転登記手続をした日から、売主側が約定の賃料を支払って売却した建物を使用継続(居住継続や商売継続)していきます。

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.