解決までの手続き費用 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス
  • HOME
  • 解決までの手続き費用

解決までの手続き費用

費用その1:相談料-0円 所有物件査定料-0円

相談料―0円 所有物件査定料―0円
債務整理(自己破産・任意整理・個人再生等)のご相談及び任意売却(リースバック・親子間売買等を含む)対象物件の価格査定は、何回でも無料で対応いたします。
 

費用その2:自己破産

①任意売却(リースバックを含む)と自己破産手続の双方を依頼する場合

提携先不動産会社が任意売却成約となるときは、弁護士費用の全部または一部を負担します。
 
例)代金4000万円の物件を任意売却できた場合、個人の自己破産弁護士費用は仲介不動産会社が売却成立を条件として
全額負担いたします。
 
したがって、この場合の依頼者は、裁判所に支払う費用等として約25万円(破産管財事件の場合)を負担するだけです。なお同時廃止の自己破産ですと、約5万円の実費負担のみです。
 
提携先不動産会社が負担する費用の割合は、物件価格等により異なりますので、個別のご相談時にご説明します。
 
 

②自己破産手続のみを依頼する場合談

債務総額・債権者数・資産額等により費用が異なりますので、ご面談時に費用の概算金額をお知らせします。
以下は、一応の目安です。
 
個人の破産
 着手金 金20万円(消費税別)から
      但し事案により10万円位減額することもあります。
     成功報酬金20万円(消費税別)から
      但し事案により10万円位減額することもあります。
      免責を得たとき支払います。
      例)債務額1000万円位、債権者5社位ですと、着手金成功報酬金は、合計40万円位です。
 
法人(会社等)の破産
 着手金 金40万円(消費税別)から
      但し事案により10万円位減額することもあります。
      例)債務額が2億円以上で債権者数が10社以上ですと着手金100万円以上を請求することが多いです。
        成功報酬金はありません。0円です。
 
護士費用について、原則として、毎月の分割払の額を取り決め、毎月積立てていただきます。
任意売却を前提に自己破産を選択される方で費用の積立が困難な方の場合は、弁護士費用を、任意売却代金(から捻出される仲介手数料)で賄うこともいたします。
 
③着手金・成功報酬金とも、分割後払いにできますので、ご相談ください。

 

費用その3:個人再生手続を依頼する場合

① 債務総額・債権者数・資産額等により費用が異なりますので、ご面談時に費用の概算金額をお知らせします。
 以下は、一応の目安です。
 
【着手金】 金20万円から30万円(消費税別)
但し、住宅ローンのリスケジュールや別除権協定締結が必要な場合は、金40万円から50万円(消費税別)
【成功報酬】 金20万円から30万円(消費税別)
但し、住宅ローンのリスケジュールや別除権協定締結が必要な場合は、金40万円から50万円(消費税別)
 
② 着手金・成功報酬金とも、分割後払いにできますので、ご相談ください。
 
 

費用その4:任意整理

【着手金】  基本1社2万円×債権者数(消費税別)
【成功報酬】 基本1社2万円×債権者数(消費税別)
【加算報酬】 減額報酬として届出債権額と和解金額との差額の10%相当額位を加算請求することがあります。
 
着手金と成功報酬金の最低額は、各5万円です(消費税別)。
 
 

費用その5:過払い金報酬

【着手金】 基本 1社あたり0円から2万円(消費税別)
【成功報酬】 回収過払い金の20%から24%相当額(消費税別)

 

 

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.